スタッフブログトップへ

イベントレポート「阪急阪神 ゆめ・まちソーシャルラボVol.53 ゆめ・まち おうちでGPSラン!」

沿線の市民団体やグループ各社等と協働で、お客様参加型のワークショップやセミナーを定期的に実施する「阪急阪神 ゆめ・まちソーシャルラボ」。

10/18(日)11:00~12:00/14:00~15:00の2回「~親子で楽しく地図の中にGPSアートをみつけよう!~ゆめ・まち おうちでGPSラン!」を開催しました。今回も「Vol.52 ゆめ・まちスポーツリハビリのおしごと」に引き続き、オンラインにて実施しました。

■GPSラン・GPSアートを知っていますか?

スマートフォンなどに搭載されている、自分の位置情報を知るための「GPS」を利用してつくる「GPSアート」。ランニングアプリを使って自分が走った経路を地図上に記録することで絵が描ける、新しいランニングの楽しみ方「GPSラン」がいま注目を集めています。
テレビや雑誌にも多数出演されている、日本唯一のプロGPSランナー(adidas Runtastic Japan Ambassador)の志水直樹さんをゲストにむかえてGPSランについてご紹介いただきました!

志水さんは西宮出身で元小学校教師のため、「せんせーって呼んでね!」と明るく和やかな雰囲気でスタート!
まずはスライドを使いながらGPSランナーになったきっかけや、これまでの活動をお話しいただきました。志水さんは、日本のみならずアジアやヨーロッパでもGPSランを実施。地域の魅力や地震の被災地を応援するメッセージなどをGPSアートで発信され、世界と日本の架け橋としても活躍中です。
毎年1月に開催される開門神事・福男選びで有名な西宮神社の周りに「西」の文字が見えたことからスタートしたというGPSランナーとしての活動。いまでは文字だけでなく、動物、キャラクター、芸能人など様々な作品づくりに取り組まれています。スライドには次々と道を歩いて描いたとは思えない素晴らしい作品が登場し、こども達はもちろん、大人も目が釘付けです。

■オンラインでGPSランを体験してみよう!

今回はオンラインイベントのため、事前送付した地図を使用して、“おうちでGPSラン!”を楽しんでいただけるよう、ゆめ・まちソーシャルラボオリジナルの「動画クイズ」を用意しました。志水さんの生解説とともに西宮のまちを歩いた気分で動画を視聴し、歩いた軌跡をペンでなぞると浮かび上がってくるある生き物を当てるクイズです!
保護者の方と一緒に画面と地図を交互に見ながらクイズに取り組むみなさんの真剣な表情を、画面越しでもしっかり見ることができました。答えが分かってくると自然と笑顔がこぼれます。
最後はみんなで答え合わせをして、盛り上がりましたよ!

参加者の方からおうちでクイズに取り組んでいる様子のお写真もいただきました。

■おうちで実践してみよう!

動画クイズのあとは、実際にGPSランに取り組む方法を志水さんに教えていただきました。紙に印刷した地図に鉛筆とペンで道をなぞって絵を描き、しっかり計画を立ててからアプリを使って走る(歩く)といいそうですよ。

最後に、皆さんの描きたいものを聞いてみました!
「電車が描いてみたい」「ハムスターは描けるかな」「キャラクターに挑戦してみたいな」というこども達に、志水さんからアドバイスやエールが。
プログラム終了後、早速取り組んでくれたこども達からは「絵ができていくのが楽しかった!あっというまに沢山歩けて運動になりました!」とコメントをいただきました。

競わない楽しいランニング=GPSラン。皆さんも、おうちで挑戦してみてはいかがでしょうか。

GPSランナー志水直樹さん公式ウェブサイト
http://gps-run.com/

Facebookグループページ「GPSアートで勝手にオリンピック」
https://www.facebook.com/groups/1402406846628406/

イベント参加者の方から届いたGPSアートを志水さんが運営しているこちらのページに投稿していきます。チェックしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スタジモルーム スタジモカウンター まち・くらしコンシェルジュ 阪急西宮ギャラリー

SNS




ページ上部へ戻る