プログラム/イベント

阪急阪神 ゆめ・まちソーシャルラボ vol.59 ゆめ・まち 聴導犬をまなび隊!

~人を支えてくれる動物について学ぶオンラインイベント~

<親子で補助犬について知ってみよう>

ゆめ・まち 聴導犬をまなび隊!

かわいく、かしこい動物たち。ペットとして家族になるだけでなく、人をいやしたり、障がいのある人を助けてくれる動物がいることを知っていますか?
耳の聞こえない人をサポートする聴導犬と共に暮らす方からお話を聞き、私たちにできるかかわり方や動物と人との温かいコミュニケーションについて学んでみませんか?

【開催日時】
 2021年2月14日(日)
①11:00~12:00【1部は満席になりました!】
②13:30~14:30

【会場】
オンライン開催(Zoom利用)
※希望者には事務局による事前接続フォローあり

【参加費】
無料

【用意する物】
A4程度の白い紙、太いペン

【対象】
小学生とその保護者
◎将来動物にかかわるおしごとをしたい人
◎人を支えるおしごとに興味のある人 など
※保護者の方とご参加ください。

【定員】
各回親子7組程度(事前申込み制、先着順)

【当日の内容】
●ゲストからのお話・・・聞こえない人をサポートする聴導犬を知ろう
●動画鑑賞・・・・・・・聴導犬が人をサポートする姿を見てみよう
●クイズコーナー・・・・聴導犬のおしごと&生活をもっと知ろう
●手話にチャレンジ!・・手話を学んで、手話の歌をうたおう

★Check!★

■聴導犬アーミが登場! 実際にサポートする姿を見て、聴導犬のことを学んでみよう。

 

■補助犬って?聴導犬って?

①目の不自由な方の歩行を助ける「盲導犬」
②身体の不自由な方の生活を助ける「介助犬」
③耳の不自由な方に音を知らせる「聴導犬」

この3種類の犬達を補助犬といいます。

聴導犬はタッチやいろいろな動作を使って耳の聞こえない人や聞こえにくい人たちに必要な情報を伝えてくれます。
たとえば、目覚ましのアラームやメールの着信音、自転車のベル、赤ちゃんの泣き声、やかんが湧いた音などです。
聴導犬は聴覚障がいの目印になるという役割もあり、周りのサポートが受けやすくなるなど様々な場面で活躍しています。

 

※写真はイメージです。当日はオンライン開催となります。

 

【ゲスト】
NPO法人MAMIE代表
安藤 美紀(あんどう みき)さん

1969年生まれ。東京純心女子短期大学美術科卒。聴導犬ユーザーとして、全国各地の小中学校や商業施設などで「聴導犬って?」などを題した講演を行い、普及活動に力を入れる。NPO法人MAMIEの代表。日本聴導犬パートナーの会の代表。公益財団法人日本聴導犬推進協会 理事。鹿児島補助犬プロジェクトの会の副理事長。漫画家、イラストレーター。

 

【イベント申込み】
こちらの申込みフォームよりお願いいたします
https://stajimo.jp/?page_id=8674

 

【注意事項】
下記の内容にご了承の上ご参加ください。
・画面で資料や動画を見ながら一緒に体験していただくため、パソコンからの参加を推奨しております。
・オンラインイベントへの参加方法に不安がある方は、申込時にお申し出ください。
・一部のプログラムではカメラをONにしていただき、お顔が映ります。
・新型コロナウイルス感染症の影響で、予告なく内容変更・中止となる可能性がございます。
・今後の広報や活動記録として公開することを目的として、当日の様子を写真・映像撮影いたします。

 

【お問合せ】
 阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト事務局
 06-6373-5086
 (平日9:00~12:00、13:00~17:00 土日祝は休み)

スタジモルーム スタジモカウンター まち・くらしコンシェルジュ 阪急西宮ギャラリー

イベントカレンダー

3月 2021
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 28
29 30 31     
« 2月   4月 »

最近の記事

SNS