スタッフブログトップへ

スタジモ寄席Feat.甲山落語研究会

12/2(土)はスタジモ寄席Feat.甲山落語研究会でした!
午後3時半。紅白の垂れ幕。締太鼓。三味線。いつもと違った雰囲気に
外のお客さんがガラス越しに何事??と立ち止まって見ていました。
関西学院大学甲山落語研究会の4人の若い噺家さん達による古典落語を聞く会の始まりです!
櫻鴬亭天蝶さんによる「竹の水仙」。和郎亭宵笑さんによる「つる」。
四笑亭端丸さんによる「平林」。四笑亭楽満さんによる「勘定板」。

 
 

みなさんの一生懸命な様子に会場のお客さんもしっかり声を上げて笑ってくれました。
中入りで、少しスタッフがインタビューもしてみました。
出身は?屋号のいわれは?将来はどうするの?
どんな質問にも笑顔での応答。サービス精神旺盛で、お客さんたちの瞳もきらきら
光っていました。
1時間程の寄席のあと、交流会です。
2つのグループに分かれ、もっと突っ込んでの質問。それはお客さんたちに直接聞いてもらうのです。
どうやって練習するの??プロの噺家さんでは誰が好き??そもそも落研に入った動機は??
などなど もう いろいろ。あけすけな質問、感想にも彼らは本当に一生懸命 答えてくれました。
いつもは女子噺家のいずみさんも今日はお茶子として参加。締太鼓もたたいて大活躍でした。

  

20人ほどでいっぱいになるスタジモの部屋が、笑顔と笑い声で満たされて、
とてもあたたかい雰囲気に……♪
み~~んなに感謝の気持ちでいっぱいになりました。よかったよかった。

  

【協力】関西学院大学甲山落語研究会

【主催・お問合わせ先】スタジモにしのみや

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スタジモルーム スタジモカウンター まち・くらしコンシェルジュ 阪急西宮ギャラリー
ページ上部へ戻る