プログラム/イベント

あさみスタジモ[022] 「まち・コミ・ナイト」

9月のあさみスタジモは「認定NPO法人 まち・コミュニケーション」代表理事の宮定章さんをお招きして、
NPO活動のことや復興支援のことなどをお話しいただこうと思っています。

まさに東奔西走な毎日の宮定さん。
今日神戸でお会いしたと思ったら、もう次の日は石巻だったり、出石で玉ねぎを収穫してたりと、
日本全国で様々な支援をされている方です。

今回のスタジモも、宮定さんに出演の打診したのは4月でしたが、
その時確約いただいたのがなんと9月!
というわけでやっとみなさんに宮定さんのお話を聞いていただけることになりました。

阪神淡路の震災の復興支援から始まった活動が、どんなふうに今の形になっていったのか、
また、現在のNPO活動の様子。
また、あさみスタジモスタッフの一番の関心事である
「宮定さんはどうやって食べているのか?(笑)」
などについても詳しいお話が聞けることと思います。

NPO活動に関心がある方、また震災や災害の復興支援に関心がある方など、
もちろん宮定さんの応援に来ていただいても大歓迎ですので、
9月4日はどうぞスタジモにしのみやにお越しください。
お待ちしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

宮定章さんのプロフィール

1975年生まれ。
2000年阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーション(当団体の前身) 参加。
2002年大阪大学大学院工学研究科建築工学専攻建築デザイン学講座 建築都市計画領域 修了。
2002年~認定特定非営利活動法人 まち・コミュニケーション 代表理事就任。
2003 年4月~2004 年6 月 都市基盤整備公団(現都市再生機構)
2012年神戸大学大学院 自然科学研究科にて、博士(工学)学位取得。
現在、神戸学院大学非常勤講師(災害復興研究担当)。
専修大学 社会科学研究所・客員研究員。
復興大学 コーディネーター
(防災・まちづくり支援東北大学等との学都仙台コンソーシアム 石巻専修大学)。
日本福祉大学研究員。

『復興まちづくりの時代 震災から誕生した次世代戦略』(共著、建築資料研究社・2006)
『復興コミュニティ論入門』(共著、弘文堂・2007)
『東日本大震災住まいと生活の復興』(共著、東京ドメス出版・2013)
『災害対応ハンドブック』(共著、法律文化社・2016)ほか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

認定NPO法人まち・コミュニケーション

(定款より)
「阪神・淡路大震災まち支援グループまち・コミュニケーション」は、平成8年4月設立。
阪神・淡路大震災により約8割焼失という大きな被害を受け、
土地区画整理事業地区に指定された神戸市長田区御蔵通5・6丁目において、
コミュニティの再建を支援してきました。

効率や利便を優先する現代において人任せの風潮が拡大した結果、
地域のつながりを減少させたと考え、復興における被災住民の主体性が必要であると感じたことから、
住民が主体的にまちづくりに関わることで、
住民同士の交流を図りながら愛着が持てるまちをつくることを目標にしました。
まちづくり協議会による復興計画策定段階や生活再建では住民の意見が計画に反映するよう支援し、
ハード面では工事を業者まかせにせず素人でも関われる工程には参加できる機会をつくり、
イベントなどのソフト面では一人でも多くの人が気軽に関われるよう工夫し参加を呼びかけました。
まちづくりの各場面で外部からのボランティアが大勢関わり、
あらゆる立場の人を巻き込みながらまちづくりをしてきたことが高く評価されました。

阪神・淡路大震災では、主体性を育むことの大事さを経験しました。
その経験は、平成11年に台湾で起こった集集大地震や、
平成16年に西日本を中心に襲った台風23号の被災地である兵庫県豊岡市出石町鳥居地区などにも広がり、
交流が続いています。
各地区のパートナーと住民主体の大切さを共有し、地域づくりや人材づくりに生かしています。
また、東日本大震災被災地でも、住民が主体となって地域を復興させることを目指し、
まちづくり支援を行っています。

東日本大震災の被災地(宮城県石巻市)に常駐して6年。
災害後の集落再生の難しさの教訓を活かすべく、
東南海トラフ地震へ事前に備える事前復興に取り組もうと関西に戻り活動開始しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

場所:阪急西宮ガーデンズ5F 沿線コミュニティベース「スタジモにしのみや」

参加費:1500円
申し込み方法:https://www.facebook.com/asamistajimo/
◆招待されている方:イベントページの「参加」ボタンをクリックしてください

スタジモルーム スタジモカウンター まち・くらしコンシェルジュ 阪急西宮ギャラリー

最近の記事